So-net無料ブログ作成
リレーフォーライフ ブログトップ

It's a Sunny Day! - Relay for life in新横浜2010-その1 [リレーフォーライフ]

またまた、大変ご無沙汰しております。気まますぎるブログ人ですみません。

前回のブログで綴った、ある知人とのお別れから約半年。 彼を偲ぶ追悼ライブ、"It's a sunny day"が先週行われ、私も行ってきました。

サニーさんのたくさんの写真をバックに、彼とゆかりのある方々の熱い演奏を肌で感じて、その場に居るはずのない彼のパーカッションの音色まで聞こえてくるような、身震いする程の素晴らしい時間を過ごせました。私は幽霊とか、信じない方だけど、きっと本当に居たのかも。

メンバーの方とも少しだけお話し、私達が4月のライブ中に、彼への追悼の時間を作った時の模様を収めたDVDを渡す事ができました。メンバー全員で見ます、と言っていただけて嬉しかった。できればご家族にも見て欲しいけど、時間が必要ですよね。。。

そして先週末は、そんな彼と一緒に行きたかった、『リレーフォーライフin 新横浜』に、当日ボランティアとして参加してきました。今年の夏最後の、太陽照りつけるとても暑い日でした。

「リレーフォーライフ(Relay For Life)」というのは、20年近く前にアメリカで始まったがん撲滅プログラムです。

各地でがんと闘い、あるいはがんと共に今を生きようとする患者や、患者を支える家族、友人、地域の医療従事者、そして多くの地域の人達に声かけ、1年に1回、24時間行われるイベントです。

日本語で表現すれば「Relay for Life=命のたすき繋ぎ」とも訳せるこのイベントには、どの国、どの地域の開催でも共通している3つのキーワードがあります。

それは、「Celebrate:お祝いすること」、「Remember:想うこと」、そして「Fight Back:反撃すること」の3つです。

1つ目の「Celebrate:お祝いすること」というのは、過去又は現在にがんと宣告され闘病している、若しくはその結果克服した全てのがん患者に「おめでとう!」を言うことです。

「がんになって『おめでとう』は無いだろう」、と思う人も居るかもしれません。でも、がん患者は、がんと宣告された日に死と本当に向き合い、死を身近に感じて生きています。私も宣告された時から暫くは、涙が止まらず、体が震える程の怖さを体験した事を、今もはっきり覚えています。

そんながん患者にとって、1年を生きて向かえられるという事は、何にも変え難い喜びなんです。ですから、当日イベント会場に来た方には、がん患者の勲章である紫色のバンダナを巻いてもらい、地域イベントスタッフやボランティア、家族、友人皆で、その人に「おめでとう」と「おかえりなさい」と声をかけるのです。
すると皆さん、笑顔を返してくれます。がん患者にとって、リレーフォーライフの開催日は、誕生日と同じくらいの意味を持つという事です。

お祝いには、もう1つ大事な作業があります。それは、「サバイバーズ フラッグ」を作ることです。サバイバーというのは、このイベントでがん患者の事を指します。このイベントに来た記念、そして何より「私は今生きている」という証を、手形とメッセージで残して頂きます。私は今年、このフラッグの作成テントの設営と、当日のがん患者のテント案内役として、ボランティア参加をしました。

写真を見てください。今年も100人以上の手形が集まりました。
201009191037000-1.jpg201009191037001-1.jpg

手形を押す手伝いをしている最中、皆さんと小さな会話を交わします。中には深刻な病状の方、このイベントが終わったら手術が控えているので病院に戻る方などもいらっしゃいました。でも、そんな状況でも、ご家族や友人と「来年も来ようね」「あぁ、絶対戻ってくる」と話されている方も多くいらっしゃいました。私も、「来年も待っていますからね。」「ここでたくさんの方と触れあい、皆から一杯元気をもらってください。」「もう1人じゃありませんよ」と返します。
その横で、ステージ中央では、更に祝福を盛り上げようと様々な催し、ヨサコイやチアリーダー、数々の応援ソングのライブが続きます。

2つ目の「Remember:想うこと」というのは、このがんという病に倒れ、亡くなられた方々を追悼すること、それから、現在闘病中でこの会場には来る事のできない方々に代わって、状況が好転し、この場に戻ってこられる日が来る事を祈ることです。

リレーフォーライフには必ず「夜越えのイベントとすること」という決まりがあります。19時頃、ちょうど太陽が沈みかけ月と星が次第に自分の居場所を示し始める頃、昼間賑やかだった会場は一変し、この2つ目の大事な時間「ルミナリエ」が始まります。

会場のトラックの周りには、昼間からボランティアスタッフにより並べられ始めた600個を超える灯篭が、ロウソクの火に揺られ始めます。1つ1つの灯篭には、会場に来られた方、及び会場に来られなかった人から郵送で送られてきたたくさんの追悼メッセージ、応援メッセージが綴られています。
私も今年は、2つのルミナリエを作りました。 

1つは、冒頭綴ったパーカッショニストの知人にあてました。今年3月に胃がんで他界した彼のことは、前回のブログにも書きました。
F1000939-1.jpgF1000938-1.jpg

太陽のように暖かく、「サニー」というあだ名で親しまれた彼に似合う、水平線に大きく浮かぶ太陽と、楽器などを娘と一緒に描きました。「本当はあなたと、ご家族と一緒にここを歩きたかったけど、追悼ライブの時のように、今隣を歩いていてくれたら嬉しいな・・・」、そう思いながら明かりの落ちたトラックを我が家の家族4人で歩きました。

たくさんの悲しみ、たくさんの想いを抱えたトラック。その頭上には、同じく灯篭で描かれた「HOPE:希望」の文字。ここに届いた皆さんの悲しみや痛みが癒され、また前を向いて歩き出せるように、そんな願いがこのルミナリエには込められています。


長くなってきたので、続きは次の記事で♪

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

いよいよ、私のリレーフォーライフ活動が始まります。 [リレーフォーライフ]

皆様 長らくのご無沙汰です。寒中お見舞い申し上げます。

季節がら風邪や腸炎が流行っていますが、お元気ですか? 私も先月一度ウィルス性腸炎にかかり、2~3日主にトイレで過ごしましたが、今はすっかり元気です。

最近自宅からすぐのところに、CTも置いてある小さな胃腸科が開業したので、定期検診の合間のこういう体調悪化のときは、ここで診てもらうことにしました。病歴も全て話したので、一般の内科診療所では薬だけ出されるような病気でも、症状に応じて再発との関係が無いかチェックしてくれることになりました。大学病院での定期検診+近所の胃腸科での日常の体調管理という2面体制は、精神的にはかなり不安が減って良いです。

さて、今日は久しぶりにブログを書く時間が取れたわけですが、皆さんにお知らせしたいことがあります。リレーフォーライフ2008 in 横浜。いよいよプロジェクトスタートです。

RFLY_468_60_b.jpg

日程:2008年9月14日~15日 場所:日産フィールド小机(日産スタジアム横)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

来年に向けてスタート! [リレーフォーライフ]

おはようございます。

一昨日のNHK・ETVワイド「リレー・フォー・ライフ ~生中継・がん患者24時間ウオーク~」のPR効果はやはり大きかったようで、番組終了後、多くの方が「番組を見て来た」と会場に足を運ばれたようです。

私のブログのアクセスにも、変化がありました。一昨日~昨日にかけて、「リレーフォーライフ」のキーワード検索で私のブログに訪れてくださった方は十数名。先月までは1ヶ月1件あれば良いくらいの頻度でした。この様子だと月間検索キーワードベスト5に入る見込みです。

私は、結局会場に足を運ぶことはありませんでしたが、ルミナリエ(メッセージ付き灯篭)を会場へ送り、一方で地元で自分の親しい仲間にリレーフォーライフの活動を伝えるという、別な形での参加を果たしました。私たちのルミナリエは、番組中(19:50頃かな?)ルミナリエの紹介の時、おそらく千個以上あった灯篭の1つとして、偶然にもアナウンサーに紹介して頂くという、快挙(?)を果たしました。アナウンサーさん、カメラさん、ありがとう♪

私のバンド仲間にリレーフォーライフを伝える時には、皆が会場で着ていたのと同じTシャツ、リストバンドを身につけて、「実は僕もがん患者なんだ」という事を一緒に告げました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

僕なりのリレーフォーライフ参加 [リレーフォーライフ]

おはようございます。

今日は、がん患者の1年にわたる闘病を称え励まし、命の大切さとがん検診の大切さを学ぶ、リレーフォーライフという世界的なイベントの関西(芦屋)大会の日です。

私は既に「遠隔地ルミナリエ参加」というのに応募し、夜のイベント用の灯篭を作成して送りました。

この灯篭をともすスタッフが足りない、という情報を目にしてボランティア参加を検討してきましたが、今回それを見送ることを決断しました(芦屋スタッフの皆さん、お力になれなくてごめんなさい)。

スタッフから記念Tシャツやリストバンドを受け取り、この1週間考えてきたのですが、これを使って、私なりの参加方法をしてみよう、そう決意しました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

リレーフォーライフって何だろう。 [リレーフォーライフ]

こんにちは。

このところリレー・フォー・ライフ(RFL)の話ばかり取り上げていますが、今まさに私の一番の関心事であるので、お付き合い頂ければ幸いです。

この24時間イベントは、ともすると初めて目にする・耳にする方からみれば、癌と戦っている人達が結束して、患者同士で慰めあい、医療現場や保障制度の改善を訴える場のように見えるかもしれません。

でもこのイベントには、ハッキリと別の目的が存在していると私は思います。それはRFL芦屋ホームページの説明の中にあるこの1つのビデオ(←クリックしてね)を見ていただければ、感じることができると思うので載せます。(英語ですが、言葉がわからなくても何か通じると信じてリンクを貼ります)

それは、「褒め称える」、ということだと私個人は感じています。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ルミナリエ作成しました。 [リレーフォーライフ]

こんばんは。ご無沙汰しております。あっという間に9月ですね。

色々書きたいことは胸の内にあるのですけど・・・なかなか「書こう!」という時間が取れなくて。

言い訳ですね。

さて、以前から何度か話に出していますが、リレーフォーライフin芦屋の件、申込をしまして遠隔地参加用のルミナリエが届きました。

日曜の夜に娘から「ねぇ~、パパまだぁ?」「早く書きたいよぉ」「ママにたくさん色のマジック買ってもらったんだから、早くして~」と"巻き"を入れられながら、どんなメッセージを、願いを込めようか、日曜の晩考えました。

下書きを頭の中で書いては消し、消しては書き、2時間ほどしてようやく決めた言葉。

今日は娘とかみさんのイラスト添えで完成したルミナリエを、芦屋に先立ちお披露目します。2人には内緒ですが、RFL当日にはインターネットで配信されるから、ま、いいかな。(駄目?)

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

新しい生活 [リレーフォーライフ]

こんにちは。このブログを見にいらして下さっている皆さん、お久しぶりです。

4月の人事異動に伴い静岡→東京勤務になり、仕事の引継ぎや引越し、そして海外の出張など慌しく過ごしてきましたが、ようやく全て落ち着きを取り戻しました。

今週から家でネットにもつなげるようになって(今回から光ファイバーですよ。楽チンです)、このブログも普通に更新していくことができそうです。後は病気のこと、色々調べる時間を作ることだけですね。

今年は先日もご紹介したリレー・フォーライフの企画団体である、CPSP(Cancer Patient Support Project/ がん患者支援プロジェクト)へのスタッフ参加を目標にして、これから自分が何をしていきたいか、どうCPSPに関わっていくかを考え、調べていく1年にするつもりです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:健康

バトンを受け継ぐんだっ! [リレーフォーライフ]

私がブログを書き始めるきっかけとなった人の1人に、MOMOさんという方がいらっしゃいます。

彼女は直腸がんの患者で治療を続けながら、以前このブログでも話題に取り上げたリレーフォーライフで、同じ病気を抱える患者やご家族を支え、明るく励ましてきた、とても素敵な女性です。私は彼女のブログを通じて、癌というものを前向きに捕らえるきっかけをつかみました。

その彼女が、4月14日をもって筆を置きました。

彼女が私に渡してくれた命のバトン。今度は私が、そのバトンを誰かに引き継ぐ役目になろう、今そう想っています。

私のブログの書き方は、事実とデータが中心、自分でもちょっと堅苦しいなと感じることもあるやり方で、MOMOさんのようにいつでも明るく笑い跳ね飛ばすことは難しいけど、「前向きに」という点では受け継いでいるつもりです。MOMOさんに安心してもらえるような環境を、少しでも社会の中で作る手助けができるよう、僕は僕なりのやり方で受け継いで生きたい、そう想っています。

もし、MOMOさんのブログを読み、リレーフォーライフの活動を読んで共感してくださる方がいらっしゃいましたら、皆さんの優しい気持ちを分けて頂き、今少しだけMOMOさんが安らかな時間を過ごせる事を祈って欲しい。僕からのお願いです。

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

リレー・フォー・ライフ/色々な想い・・・ [リレーフォーライフ]

今週は、心動かされる番組が本当に多い1週間でした。

これから、取り留めなくその内容を書いていきますが、気持ちがまとまっていないので、今日のブログが、私の中にある色んな想いのどこに終着するのか、自分でも分かりません。そんな期待と不安を込めて、Typingを進めます。

先日のブログで紹介した、IT社長の番組から一夜明けた水曜日、NHKの生活ホットモーニングという番組で、「つなげ!命のリレー」と題する特集があり、ここで、「Relay for Life Japan 2006」の模様が放送されました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康
リレーフォーライフ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。