So-net無料ブログ作成
検索選択
家族のこと ブログトップ
前の10件 | -

第2子誕生! [家族のこと]

こんにちは。
このブログを見て下さっている方には、大変ご無沙汰しております。
前回の更新から、なんと年が変わってしまいました。
遅ればせながら、本年も宜しく御願い申し上げます。

大腸がんに罹り、手術摘出・抗がん剤治療を経て今年の春、4年目を迎えようとしています。
仕事も順調にこなせるようになり、むしろ病気になる前より忙しくなってきました。(歳のせいもありますかね)

「無理せず、書きたい時に書こう」と決めてから、中々書き出せない毎日が続いておりますが、今日はタイトルどおり報告があります。

昨日1月23日、無事2人目、がんに罹ってからは初の男の子が誕生しました。
家内は昨年10月から切迫早産で入院するなど、不安を抱える生活でしたが、産まれて見ればなんと予定日の前日、体重も3410g、しかも陣痛開始から2時間での出産。大安産でした。

土曜日という事もあり、今回は私も最初から最後まで立会う事が出来、一生に残る経験をかみさんと一緒に出来て、良かったです。(緊張しましたが・・・)

がんという病気になり、ブログやリレーフォーライフで知り合った患者さん方から寄せられること。
「がん患者が子を授かることは、患者にとっての1つの希望なんだ」という言葉。

私達も、抗がん剤の影響が本当に無いのか、無事生まれてるのか、とか色々不安でしたが、
赤ちゃんを見て、二人で「ヨカッタァ」と声を上げてしまいました。

上の女の子は今年6歳になりますが、病気のことについては、聞かれれば隠さず、ありのままを判りやすいように伝えています。
日本人の2~3人に1人が生涯がんにかかる時代、私の体験した事が、少しでもこの子達の将来に役に立てば、そう思い、これからも2人に色々な事を見せ、聞かせていきたいと思います。

私も、この子達に1つでも良い話を残せるように、今できることを、どんなに小さなことでもやっていこう。

先日は私の住む神奈川県のがん対策パブリックコメント募集に、自分の意見を投稿しました。
「30代働き盛りの男女、通勤時間帯orランチタイムをターゲットにした、がんに備える予備知識の広告を」
というのが、主たる意見です。

40歳(企業によっては35歳)から、健康診断にがん検診を導入する所が増えていますが、検診の意味や検診で判ること、2次検診の有用性など、がんについての予備知識が不足していることにより、受診率、特に2次検診の受診率が低いことが課題として考えられます。
例えば、前立腺がんの腫瘍マーカーにPSAというのがあり、比較的大きな企業ではオプションとして健康診断時に受診できますが、一体どれだけの人がこの検診の内容や効果を知っているのでしょうか。とても疑問です。
多くの人が胃カメラを嫌がりますが、がん検診におけるレントゲンと胃カメラの検出レベルは、どれだけ違うか皆さんご存知なのでしょうか? 選択は本人次第と思いますが、無知のまま選択していないでしょうか。とても疑問です。

仕事が一番忙しくなる世代、自分の体をおろそかにしてしまいがちな時期に、一石を投じる必要を感じます。

新たな知識がインプットされれば、行動にも変化が現れる。そしてその行動は30代男女だけでなく、その親、50代~60代、がん罹患率の最も高い世代への子⇒親を通じた啓発にもつながる。また、親のがん罹患への備えにもなる。自分や親ががんになると、治療方針など医師から急な選択を求められる事も多々あります。予備知識は、そんな時のパニックを避ける効果があると考えます。

がんが罹患統計だけでなく、人々の心構えとしても当たり前の世の中になるよう、子どもたちの為に出来ることから変えていきたい、そう思います。
nice!(1)  コメント(3) 

Spring has come...春の想い出 [家族のこと]

家のパソコンが完全に壊れてしまい、仕事パソコンからヒソヒソと更新します。

パソコンが壊れたことによって、家族の想い出のデジカメ写真が消える可能性が大となり、かみさんは落ち込んでいます・・・。


昨日は引越しの準備もあって、押入れを整理しました。今度のマンションは今よりも収納スペースがグンと減るので、思い切って学生の頃大事にしていた色んな書類中心に大量廃棄作業に入っています。想い出は、記憶の中へ。

それでも、捨てられないものって、やっぱりあります。そういうもの達を見つけて「こっちへいらっしゃい」と救済してあげるのも、引越し作業の大事なプロセスだなぁ、と感じながら片付けしてました。その中に、絶対捨てることのできない、ほんの1枚のメモ書きがあります。

続きを読む


パソコンの調子が悪い・・・/家探し [家族のこと]

転勤の件、金曜日にようやく正式な発令が出て、昨日・今日と家探しのため東京の実家に来ています。

本当は、先日受けたがんセンター公開講座・最終講義の模様などアップしたかったのですが、家のパソコンの調子が悪く、上手く起動されなくって困っています。家探しにネット情報は欠かせないのですが・・・。

そんなわけで、しばらく更新が途絶える(ひょっとしたら引越し済むまで?)かもしれません。私の体調を気遣ってくださる皆さまには、「元気ですよ~♪」ということだけ、この場でお伝えしておきます。

さてさて、ブログのスキンも春らしく衣替え。社会人10年目の節目に仕事が変わる事になり、身体の事で不安にはなっていますが、温かい言葉も頂き、今は心機一転「やるぞっ」という気持ちでいます。

続きを読む


私のパワーの源はCaribのカーニバル♪ [家族のこと]

2月といえば、リオのカーニバルを始めとして、南米ではカーニバルのシーズンです。

私が趣味でやっている楽器の生まれ故郷も南米、カリブの島国。
そして本日日本時間の6時から、この楽器が60~120台連ねて行われる、とっても大きなバンド(オーケストラ)のコンテストが開かれています。

16バンド登場し、2つのカテゴリーからそれぞれチャンピオンを決める大会。
私の先生、そしてバンドのメンバーも数名、現地で演奏する予定です。

このブログを見に来ている方には全く関係ないお話で、何のことかチンプンカンプンだと思いますが、以下のサイトで、この大会がただ今ネットラジオで生中継されています。
私の元気の源となっている音楽です。

1バンドあたり8分間の演奏。会場では楽器の入れ替え含めると1バンドあたり30分はかかるので、日本時間で午後2時くらいまでは放送していると思います。

良かったら、聞いてみてください。
クリックすると、プレーヤーが動き、生中継中のネットラジオが聞けます。

http://www.i955fm.com/nowplaying.aspx

ちなみに、バンドの演奏順番などはに書かれていますが、見ても何のことか
わかりませんよね~(完全に自己満足の世界だ・・・)

http://www.pantrinbago.co.tt/www/home/panorama2007/documents/panorama2007_finalsConventionalBands_OrderofAppear.htm

ちなみに私の先生とメンバーの参加しているバンドは、Largeカテゴリーの7番目、昨年の優勝バンドでもあります。


"どんぐり" と "いちょう" [家族のこと]

 

今年も、もう残りわずかですね。

私は今日、仕事収めになります。

思えばこの1年、自分の体と仕事のどちらを大事にすべきかで、毎日が葛藤でした。結局どっちも大事で、答えが無いまま今日まで来ています。

そんな私にとって、かみさんと娘は心の支えでした。抗癌剤を始めてしばらくは、慣れない副作用に気持ちもふさぎ、子どもと遊ぶ気力も沸きませんでしたが、今では休日少しでも、今この時の娘と一緒に過すことがとても愛おしく感じられます。

そんな家族との団欒で2006年、一番心に焼きついたシーンがあります。

それが、このいちょうの写真です。普段自分が映っている写真には興味が無い私ですが、今回は特別公開(顔がわかる訳でもないので)

続きを読む


三回忌/ブログのルーツ [家族のこと]

肝臓の数値が正常に戻り、先週から抗癌剤を再開したわけですが、このたった2週間のブランクで、副作用に対する”慣れ”が吹き飛んでしまいましたToT

体が重いし、だるいし、焦燥感みたいなのが出てやたら落ち着かないし、嗅覚がやられて、何を食べても臭いし・・・、「自分は癌なんだ」っていう現実に引き戻されていく感覚。死ぬのは怖いし嫌だけど、この治療を続けるのも怖いし、嫌だ。何もかもが、嫌、いや、イヤ、IYA!

はぁ、弱音を全部吐ききった(これで全部かな?)ところで・・・、また歩きはじめたいと思います

続きを読む


余命ではなく、与命 [家族のこと]

一昨日、会社で席を並べている同僚のお父様が突然お亡くなりになり、昨日、告別式に参列してきました。

式の途中、疲れからか少しやつれた同僚の顔を見て、2年前父を亡くした時のことを想い出しました。

「あの時、私はあっち側に座っていたんだな。」

こうやって弔問する側になると、あっという間の出来事が、2年前は無限の時間に感じたものです。故人のご冥福をお祈りし、今後暫くの間落ち着かないであろう同僚に、影ながら幾ばくかでも力になれたら、という想いを残して、会場を後にしました。

そんな昨日、亡き父を、そしてその頃の出来事を偲びながら過していると、TVでこうコメントする、初老の男性を目にしました。

「私の "よめい" はね、余った命ではなく、与えられた命という風に書くんだと、そう思って生きているんですよ」

続きを読む


次なる目標は・・・ [家族のこと]

ライブ、無事に終わりました。

ホント言うと、余り「無事」ではない、ギリギリの状態だった。かなり危なかった。

おとといの夜から食事が進まず、そのせいか身体に力が入らなくて、本番前のセッティングで体力を使ってしまいました。ステージに立った時には既に足がガクガクの状態・・・緊張ではなくって、力が入らなくて(汗)

それでも、ドラムカウントが入れば、音が鳴れば自然に身体は動いてしまう。昨日は予定されていた曲が6曲で、私はそのうち4曲を弾いたのだけど、3曲目から「これ、最後までもつかな・・・」とちょっと心配になり、4曲目のバラードでは、息が完全にあがっていて、苦しかった。

演奏後にビデオ撮影してくれていたサポートメンバーから、「いやぁ、最後のバラード、すっごく気持ちが入っていたねー、目なんかつぶっちゃって♪」って言われたけど、違う違う。

続きを読む


待ちに待ったライブ [家族のこと]

ついにこの日がやってきました。

癌の宣告に愕然とし、今生きている事の儚さを知った5月・・・

手術の痛みと闘い、生きることへの執着心を初めて持った6月・・・

震える手で初めての抗癌剤を飲み、副作用の恐怖心と闘った7月・・・

そして8月になり今日、今生きている事の素晴らしさを、自分の体と心で表現できる機会を持てることに、非常に大きな喜びを感じています。

続きを読む


調査会社がやってきた・・・ [家族のこと]

生保から委託された、保険の調査会社がやってきました。

生命保険に加入した当時と見直しを行った当時の契約の手続きの仕方、それからその直前の健康状態などを聞かれました。聞かれる質問に正直に答えていいきましたが、どうもこの会社、うちが契約見直しの時期と発病の時期が近かったので、

私が不当に給付金を得ようとしていないか、調べているっぽい。

続きを読む


前の10件 | - 家族のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。