So-net無料ブログ作成
検索選択

リレー・フォー・ライフ/色々な想い・・・ [リレーフォーライフ]

今週は、心動かされる番組が本当に多い1週間でした。

これから、取り留めなくその内容を書いていきますが、気持ちがまとまっていないので、今日のブログが、私の中にある色んな想いのどこに終着するのか、自分でも分かりません。そんな期待と不安を込めて、Typingを進めます。

先日のブログで紹介した、IT社長の番組から一夜明けた水曜日、NHKの生活ホットモーニングという番組で、「つなげ!命のリレー」と題する特集があり、ここで、「Relay for Life Japan 2006」の模様が放送されました。

このブログを読んでくださっていらっしゃる方にも、「リレー・フォー・ライフ」という言葉を初めて聞いた、という人は多いのではないかと思います。私なりの認識で書けば、がん患者とそれを取り巻く家族・友人が集まり、1人ではなく多くの人と支え合いながらがんという病気に立ち向かっていこう、そして多くの人にがんという病気の正しい知識~ 例えば、がんという病気そのものは約半数の方が亡くなるといわれる程怖い病気ではありますが、病気と立ち向かい、普通の人と同じ、あるいはそれ以上の力で前向きに生きていてる人がたくさんいるという事~ を広めていこう、というプログラムです。

詳しくは、リレーフォーライフの主催「がん患者支援プロジェクト(CPSP)」のホームページをご参照ください。

私自身も、このプログラムの事を知ったのは自分が癌になってから、つい最近の事です。手術を終え、退院したばかりの私は、自分が33で命の崖っぷちに立たされるとは思ってもいませんでしたから、とにかく同じ境遇の人を探そう、若くして癌にかかられた病気の先輩方が、どのようにこの病気と向き合っているのかを知ろう、とインターネットで色々検索しました。その時、最初に読み始めたブログが、このNHKの特集でも松葉杖をつきながら笑顔で登場した、MOMOさんのページでした。

彼女は私と同じ大腸がんですが、既に数箇所に再発転移しており、辛い副作用のある抗癌剤治療と、今は緩和ケアを受けられています。最近の日記から私は辛そうな表情しか想像できなかったのですが、TVに映った彼女の笑顔、目の輝きに、思わず涙があふれてしまいました。

そして、リレー・フォー・ライフに参加された人達の、笑顔、笑顔、笑顔♪

それを前にした私は、ひたすら涙、涙、涙・・・、なんでだろ?おかしいですね。

統計的には、私も約4割の確率で近い将来来るかもしれない再発。でも今は、抗癌剤治療はそれなりに辛いけど、薬も再発時のものに比べたら弱い副作用で、毎日会社にも行けている私。目の前のTVに映る笑顔の人達は、私より重い症状の人も多いです。

私の涙の意味、書きながら考えて、今なんとなく分かってきた気がします。

私は今まで、ちっとも病気に前向きでなんてなかった。こうやってブログで一所懸命病気の事調べて情報発信したり、講演会聞きに行ったりして、表向きにはがんと向き合ってるように自分でも思ってきたけど、違った。心のどこかで、

「なんで私が・・・、なんでこんなに若く・・・、なんでこんなに苦しんで・・・」

とつぶやく自分が、やっぱり居たんです。その悔しい気持ちを、「病気と治療の事、徹底的に調べてやるぞっ」という気持ちで抑えていたんだと思う。私の心は、実は笑ってなかった。だから、病気の事をオープンにして、笑顔でいられる人達に心を揺さぶられたんだと思います。

そして昨晩、TBSの「NWES23」では特集「がんを生き抜く」の最終回、「体験者が語るがん克服術」が放送され、出演したがん患者の言葉に耳をかたむけました。

・・・時間がなくなってしまったので、この続きは、また明日書きます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 2

葉っぱ

リンク・トラバさせていただきました。
普段は病気を意識したことのないような人にも もっと参加しやすいリレーになると いいんじゃないかな...と思っています。
by 葉っぱ (2006-10-08 13:22) 

Springfield

>葉っぱさん
感想を寄せてくれて、あと葉っぱさんのブログで紹介してくれて、ありがとうございます♪

そうですね。葉っぱさんのコメント、とても大事な意見だと私は思いました。そもそもリレー・フォー・ライフの活動の目的の中に、「がんを特別視しない」「がんの実際と向合い、理解を深める」というものがあるのですから、普段がんとは関係の薄い人達の参加って、目的達成のために、とても意味がある事だと思います。

今、リレー・フォー・ライフの運営に、自分はどのように関わっていこうか、考えている最中ですが、自分の行動が決まったら、葉っぱさんの意見を全面的に取り入れた活動を目指したい、と思います。

なんて、大きな事言ってますが、自分に何ができるか、そんなに大それた事はできないだろうから、あまり期待はしないで♪(*^_^*)
by Springfield (2006-10-10 05:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。